目指せ小顔化粧品

肌を綺麗に保つ方法

Posted in:

肌をきれいに保つ方法として一つは洗顔があります。洗顔はゴシゴシせず作った泡で優しく洗うのがコツ。もし、肌をゴシゴシしてしまうと肌の必要な油分まで取り去ってしまい肌が乾燥したり、肌に刺激を与えることで敏感肌になることもあります。そして、化粧品を使う時も同じ事がいえます。化粧品を使う時になかなか化粧品が肌に浸透しないからと言って肌に強く化粧品を刷り込むのは禁物です。理由は洗顔と同じです。もし化粧品が肌に浸透しない場合はすでに肌の角質が凝り固まっている可能性があります。つまり古い角質や汚れ、アカが肌の角質に溜まり正常な状態を保てなくなっている可能性があります。その場合は、ホットタオルで毛穴を開かせ肌の角質を柔らかくしてから化粧品を肌に浸透させる方法があります。そのほかにアルコール不使用のふき取り化粧品を使うのも良い選択です。ふき取り化粧品はピーリングと違い肌を傷つけません。肌の表面の角質層をふやかして柔らかくし肌の残った汚れを取り除けるからです。そして肌の様子や角質の経過を数日~数週間見ながら化粧品を使うとぐっと化粧品を吸い込んでいく感覚が分かる日が突然やってきます。肌の角質が取れ肌が綺麗になればくすみも取れ美白もできますのでぜひ肌をきれいに保つ方法を試してみてください。同時に今、肌に良いとされている化粧品があるので参考にどうぞ。卵殻膜 化粧品 ランキング←人気の化粧品でみんな使い始めていますよ。