目指せ小顔化粧品

ハイドロキノンは効果的でも危険なシミ消し成分?

Posted in:

ハイドロキノンはビタミンC誘導体、アルブチンなどと比べると効果が10倍〜100倍といわれ美白・シミ消し成分として知っている方も多いかもしれません。

一方でハイドロキノンは成分が強く副作用が出る方もいます。

ハイドロキノンは次の美白やシミに効果が見込めます。

炎症後色素沈着

肝斑(かんぱん)

そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)

日光黒子(老人性色素斑)

くすみ取り

 

ハイドロキノンの副作用は下記の通りです。

白斑(はくはん)

かぶれ

皮膚の赤み

紫外線が肌に入りやすくなる

 

なるべくハイドロキノンの副作用を出さないようにするには、

皮膚科で処方されている場合は医師の指示に従って使う

自分でハイドロキノン配合のシミ消し化粧品を購入した場合は説明書きに従って使用する

などが大切です。

 

ハイドロキノンを塗布した部分はメラニンの生成が抑制され紫外線が肌に入りやすくなります。

なので日中など外出時はこまめに日焼け止めを塗りましょう。

ハイドロキノンは刺激が強い成分ですが、用法用量を守って使用すれば効果的にシミに働きかけてくれるでしょう。

でもハイドロキノンの副作用が心配ならハイドロキノン非配合のシミ消し化粧品が安心して使えます。

刺激が弱くシミ消し効果の高い化粧品にはトラネキサム酸が配合されています。

トラネキサム酸は、シミ以外にも肝斑にも効果的と言われています。

トラネキサム酸でシミを薄くするフォトシンデレラの効果