目指せ小顔化粧品

紫外線を防止して美白を目指すためには

Posted in:

お肌の白さを保つには、紫外線防止が重要です。

紫外線にさらされた肌は、しみやくすみが多くなってしまうためです。

紫外線対策が必要な季節は夏の盛りとその前後だと考えている人もいるようですが、紫外線の作用は、季節に関係なくいつでもあるといえます。

もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。

午前10時~午後2時が、1日のうちで最も紫外線量が多い時間帯だといわれており、この間に1日の50%が地表に届いているといいます。

とはいえ、日中に一切外に出ずに過ごすことはなかなか困難でしょうから、日焼け止めクリームでお肌をガードすることが大事です。

実は日焼け止めは効果が出るまで時間がかかるため、塗ってすぐに外出をしても効果がありません。

日焼け止めが十分に効果を発揮できるようになる前に日焼けをすると意味がありませんので、早めに日焼け止めを塗るといいでしょう。

日焼け止めクリームを使う時は、一定時間がたったらつけ直しましょう。

夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。

また、効果がずっと続くものでもありません。

おおよその目安としては、3時間に1回の塗り直しがちょうどいいようです。

紫外線によって受けた肌のダメージをいち早く回復させるには、ビタミンCを含むスキンケア用品が効果があるといいます。

ビタミンCは肌の健康維持に役立つだけでなく、美白効果もあるので、習慣的に活用するようにしましょう。

ホワイトヴェール 飲む日焼け止めの効果は?