目指せ小顔化粧品

コントロールカラー使っていますか?

Posted in:

ファンデーションを使うときに、化粧下地やコンシーラーでしっかりと下地を作ることは重要です。


そこを手抜きすると、せっかく化粧をしてもすぐに崩れてしまったり、よれてしまったりと、いいことがありません。
化粧下地の中でもコントロールカラーは、その人の肌質や肌色に合っていないと、悲惨なことになってしまいます。
コントロールカラーの最大のメリットは、お肌の悩みをピンポイント的にしっかりとカバーしてくれるということです。
例えば、今日は顔の赤みが気になるなという時と血色が悪いなという時に使うコントロールカラーは異なります。
数種類のコントロールカラーを持っていたら、どんな場面でも対応できるのでおすすめです。
大雑把な説明ですが、コントロールカラーは大分けして5色あります。それぞれの特徴に合わせて選びましょう。
イエロー…顔のくすみを抑えてくれます。
ピンク…血色をアップして明る串あげてくれます。
グリーン…気になる赤みをかばーしてくれます。
ブルー…肌に透明感を与えてくれます。
オレンジ…部分的な顔色のムラをかばーしてくれます。
あなたのお悩みに合わせて適切な色を選んでくださいね。

エンハンシャル 口コミ